2007年02月23日

[UMLの歴史]スリーアミーゴの顔を拝んでみる || ギャング・オブ・フォーの面々

img_jacobsen.jpgimg_booch.jpgimg_rumbaugh.jpg
Ivar Yacobson氏、Grady Booch氏、James Rumbaugh氏
UML建設に多大な貢献をしたメソドロジスト三人組(Three Amigos)です。


GOF-OOPLSA-94-Color-75.jpg
ちなみに、こちらは、Ralph Johnson、Erich Gamma、Richard Helm、 John Vlissidesの各氏。GOF(ギャングオブフォー)で有名です。デザインパターンの立役者です。

UMLだ、デザインパターンだとにぎやかですが、結局のところ、こんな少人数に帰着するのが、面白いです。

パターンといえば、「パターン・ランゲージ」で有名な、クリストファー・アレグザンダー(Christopher Alexander)氏。
「農家の人」と紹介されていることもあります。住むのによいパターンを探し出している人ですが、ソフトの世界にも大きな影響を与えたそうです。
alexander200.jpg
posted by TAKEJI at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34433484
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。